原点回帰

投稿日: 2016年6月23日  | カテゴリ: ブログ

こんばんは。

 

そもそも

私がなぜ ISD個性心理学に興味を持ち、資格を取得し、

この統計分類学を実学としていろんな場面で活かしているのか

 

 

子育て

対人関係

ママたちとのコミュニケーションでも使えますね

スタッフともいい人間関係を構築していっています

 

お客様に対してのサービス力もアップしました。

 

 

何より

 

自分がどんな人間であるかという自己理解ができるようになることで

 

 

セルフコントロールできるようになりました。

 

 

まだまだ完璧にできているとは言えなくても。。。。

 

自己理解は

自己肯定感のアップにもつなっがった

 

ので【比較】に悩まさせることがないようになりました。

 

 

 

 

もっと噛み砕くと

 

 

あの人いいなー

あの人は私よりこれができる

 

 

とかいう人の見方ではなく、

 

 

あっ

あの人はすごいなー

教えてもらいたい

 

 

という感情

 

 

そう

 

プラスの感情へと変わったのは

 

大きな変化です。

 

 

 

自己理解することで

相手理解につながっていったのです。

 

 

 

 

 

 

いいことずくめの今ですが

 

 

そもそも

私は

このISD個性心理学を誰かに教えていこう

などとは思っていませんでした。

 

 

最初に

 

子育てカウンセラー協会の赤ちゃんともち

の講演会に行き、

 

 

あっ

これなら

 

ウエディングのお仕事の付加サービスになる!!

 

 

と思えた

 

 

 

一つのツールでした。

 

 

 

結婚式をプロデュースさせていただいたお客様に

お子様が生まれ

 

 

子育てをしていた私に意見を求めてくださるお客様も

いらっしゃいました。

 

結婚式後もお役に立てるサービス

 

 

として資格を取ってお役に立てたら

 

 

という考え

 

 

どちらかというと

 

自分のことに使える

 

なんていうのは

全く発想していなかったように思います。

 

 

 

 

今は

ISD個性心理学を勉強したこと

実学として

生活や仕事に取り入れ

なくてはならない学問となりました。

 

 

 

 

けど、、、、、

 

 

ここまでなくてはならない存在になったのには

 

もっともっと理由があります。

 

 

 

 

ちょっと深いいいお話♪♪
(自分で言うなって感じですが)

 

 

 

 

 

それは次回♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アーカイブ

2017

最新記事

イベント・セミナー情報
法人向けサービスのご案内

【住所】

地下鉄大濠公園駅 徒歩3分
〒810-0074

福岡県福岡市中央区大手門2-2-8-201

bnr-twitter.jpg
banner_blog.jpg
banner_isd.jpg
banner_akachan.jpg